不動産鑑定士求人ランキング

不動産鑑定士の転職の大事なポイント

不動産鑑定士の資格は難関の試験で有名な国家資格です。取得すれば一生の仕事となり得ますが、転職については自分からアクションを起こす必要があります。

リクルートエージェントに代表される転職サイトでは、不動産鑑定士の資格を活かせる転職先を紹介してもらえますし、キャリアプランなど今後の働き方を見据えて転職活動をサポートしてもらえます。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職エージェントとして約35年間の歴史を誇る、リクルートエージェントを通じて転職を果たした方は累積30万名以上です。2012年度の実績でも年間に2万3000名以上の方が、納得の転職を実現しています。その秘密は業界トップクラスの求人件数と、約400名のキャリアアドバイザーと呼ばれる専任の担当者が、一人ひとりに合わせた転職支援を行っているからです。不動産鑑定士の求人件数も多く、業界に精通したキャリアアドバイザーが徹底サポートします!



マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントの求人情報の8割が非公開求人です。非公開の求人の特筆する点は大手企業や、ベンチャー企業も多く高給や好条件の求人が多数あることです。さらにサイト上で募集を行っていない企業でも、不動産鑑定士のようなスペシャリストなら採用したいと考えているところも多く、キャリアコンサルタントの奨めで転職できた方も少なくありません。また利用者の96.4%が書類の添削や面接対策など、マイナビエージェントの転職コンサルティングに満足だと答えています。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川
埼玉・千葉
詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
typeには不動産鑑定士としてのあなたの経験や実績などを匿名で登録すると、そのレジュメを閲覧した企業の人事担当者から直接スカウトメールが届いたりオファーDMが届くサービスがあります。またスキルマッチング・希望条件マッチング・パーソナリティマッチング・足あとマッチングの、4つのマッチングサービスも転職の可能性を大きく広げてくれます。例えばスキルマッチングではあなたの経験や、スキルに合った求人が一目で分かります。




キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
キャリコネの特徴は有名企業に勤める社員から実際の給与や年収だけでなく、残業代や手当やボーナスなどが赤裸々に掲載されている点です。さらに気になる求人先の社風や内部事情など、働いている社員しか知り得ない情報が満載のサイトです。これらの情報や口コミを参考にして求人に応募したり、転職コンサルタントへ相談したり、スカウトサービスを利用することもできます。さらに不動産鑑定士の採用基準や平均年収なども、公的データから分かるので活用しない手はありません。



DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAには未経験者の就職や、身障者などに対して企業がバックアップ体制をとってくれる制度など独自の制度があります。スカウトメール機能や求人先の担当者に匿名で、質問や相談ができるチャット機能もおススメです!DODAはもちろん登録は無料なので、不動産鑑定士のあなたも気軽に登録してみませんか。将来を変える運命の転職エージェントになるかもしれません。



不動産鑑定士の求人マーケットは?

不動産鑑定士は弁護士や公認会計士などと共に、3大国家資格とも呼ばれる難関な試験でもあります。不動産鑑定士になるためには国土交通省の土地鑑定委員会が実施する、短答式試験と論文式試験の2つの試験に合格する必要があります。短答式試験に合格した人はその後は2年以内に論文式試験に合格すれば不動産鑑定士になれますが、2006年から新しい試験制度が導入されましたが受験者数は年々と減少傾向にあります。不動産鑑定士の主な求人先は不動産鑑定事務所や不動産会社だけでなく、不動産投資ファンドや大型の再開発プロジェクトなどを行っている建設会社などです。

不動産鑑定士の求人マーケットは景気の動向と大きく関係していてサブプライムローン問題や、リーマンショックが起きた2008年を境にそれまで好調を堅持していた不動産マーケットが一気に冷え込みました。これらの金融問題が発端で世界的規模で金融危機が起こり、世界中の不動産マーケットだけでなく経済にも悪関係を及ぼしました。日本も例外ではなくドル安による円高傾向が2012年まで続き、日本の景気も急速に悪化していきました。また民主党政権下では公共事業の予算が大幅に削減され大手ゼネコンでもリストラや、中小の建設会社の倒産や民事再生の申請などが続出しました。

しかし2012年末の総選挙で自民党が大勝すると事態は一変し、それまでの円高傾向が円安傾向に転じ株価も上昇を始めました。景気も回復の兆しを見せ始め自動車メーカーや、証券会社や銀行の金融機関など多くの業種で、新卒採用のみならず中途採用にも力を入れ始めました。全国に約7000人しかいない不動産鑑定士もそれまでは、不景気で転職にも慎重な姿勢を見せていました。しかし不動産会社や建設会社が景気が好転したことで不動産の売買を活発に行い始め、それだけでなく不動産の賃貸にも大きな動きが見られます。

また企業の不動産の運用や有効活用を行っているコンサルティング会社や、不動産投資ファンドでも景気回復の兆しを受けて不動産鑑定士の求人を積極的に行っています。これらの業界だけでなく不動産の証券化を行っている証券会社や信託銀行や、土地開発に関わっている国土交通省や財務省などの官公庁でも不動産鑑定士の需要が高まっています。もし不動産鑑定士の求人についてもっと詳細に知りたい方はこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントに登録されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの専任の担当者が不動産鑑定士の求人マーケットを教えてくれるだけでなく、あなたが希望するような年収や条件の求人の紹介も行ってくれます

不動産鑑定士の採用基準は?

新卒採用とキャリアがある中途採用では、採用基準も当然のことですが違ってきます。新卒採用の場合は出身大学だけでなく学生の人物評価も採用基準の一つだとも言われていますが、実際には学歴フィルターと呼ばれる出身大学とその偏差値で足きりを行っている企業もあります。さらに最近では三菱商事などの大手企業の中には2015年度の新卒採用からは、これまでのエントリーシートの提出だけでなく学業の成績表も求める方針です。これを受けて各大学での学業の成績を比較して、評価することができる民間のサービスも登場しています。

新卒採用の場合は中途採用とは違って社会人としての仕事のキャリアがないので、学歴で評価されることは仕方がないことです。もちろん高学歴の学生が採用されても、社会人として活躍できるかどうかは別問題です。有名大学の出身でない学生の方が、入社後に会社で活躍することも珍しくありません。ただそれでも有名大学の学生の方が偏差値が高く仕事に対する適応能力や、理解能力が高いという認識を企業側が持っていることは事実です。いずれにしても新卒一括採用の雇用制度の日本では、就職活動は人生の一大イベントであることに間違いありません。

新卒採用に対して中途採用では、学歴が採用基準になることはあまりありません。これは中途採用の場合はそれまでの仕事のスキルや経験が採用基準になるからで、中には応募条件に学歴不問と記載している大手企業もあります。どんな高学歴の応募者よりも社会人としての仕事のキャリアや、実績がある人材を企業が採用したいと考えるのも当然です。中途採用では学歴だけでなく資格も書類選考の一つであることが多く、不動産鑑定士の資格取得が応募条件になることはあっても、必ずしも採用基準にはなるとは言い切れません

書類選考を通過しても最終的には面接で、前職の仕事のスキルや経験が採用の基準として判断されます。さらに他に社員との協調性や、人物評価も採用基準の大きな要素になります。学生にとって就職活動が人生の一大イベントであるように、転職者にとっても転職活動はその後の人生を決める一大イベントです。そのためにも応募先の採用基準を、事前に把握することは大事なことです。不動産鑑定士の採用基準について詳しく知りたい方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が不動産鑑定士の採用基準についてだけでなく、希望するような求人情報の紹介も行ってくれます

TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.