土日休みの不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 土日休みの不動産鑑定士求人

土日休みの不動産鑑定士求人

不動産鑑定士は、仕事のスケジュール的には一般的なサラリーマンに似ていると思ってください。朝出社して、夕方から残業があれば夜間にかけて退社して帰宅するという1日を送っている人が多いです。ですから土日祝日休みのようなカレンダー通りの休日で仕事の出来る案件は多いと思っていいでしょう。実際に不動産鑑定士の求人を検索してみると、土日休みの条件で絞り込んでも多くの案件が残るはずです。土日祝日休めるか、不動産鑑定士が転職する場合、あまり心配する必要はありません。

ただし不動産鑑定士になると、出張の頻度は多くなると思ったほうがいいでしょう。というのも不動産鑑定士の仕事の中の一つに、現地調査や役所調査のようなフィールドワークがあって、その占めるウエイトが大きいからです。フィールドワークの対象の物件が遠方にある場合も見られます。その場合、いちいち職場から通うのであれば連泊してしまったほうが効率的といったケースもあるのです。不動産鑑定士の事務所によっては、時折土日祝日をまたぐような出張を強いられるかもしれません。

もしそのような出張を割けたければ、その不動産鑑定士事務所がどのような物件を取り扱っているのか、ホームページなどで確認しておくといいでしょう。ゴルフ場やスキー場の評価を頻繁に行っていると、地方にあることが多いので長期出張が頻繁に起こりうると推測できます。このようにどのような物件を取り扱っているかをチェックすることは、自分の仕事のペースを推測するうえでも重要なポイントになりえます。

不動産鑑定士の仕事を見てみると、残業は一般のサラリーマン同様、時には行わないといけないかもしれません。しかし普通であれば、それほど長時間の残業を強いられることはないでしょう。ただしどのような物件の評価を取り扱うかによって、長時間残業を強いられる、場合によっては休日出勤しなければならないこともあり得ます。大規模な再開発を受注した、土地区画整理などの大きな案件を抱えると仕事量がどうしても多くなるので勤務時間も長めになります。

また物件によっては、権利関係が複雑に入り組んでいるようなケースもあります。すると評価するための調査が難航してしまって、土日の休日返上で業務に当たらないといけないことも出てきます。土日祝日休みの案件が多いですが、長時間残業や休日出勤の可能性のある事務所も見られます。どのような業務を手掛けているのかで、ある程度の判断はできるはずです。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.