中小企業の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 中小企業の不動産鑑定士求人

中小企業の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士の募集ですが、企業の規模別に見てみるといろいろなところで求人の出ている傾向が見られます。大手の不動産鑑定業者や不動産会社のほかにも、中小企業でもニーズはそれなりにあります。大手の場合応募者も多いのか、年齢条件を厳しく設けている傾向が見られます。案件によって若干違いがありますが、だいたい30歳前後までと条件を出しています。ですから35歳を超えているなど年齢が上の方で不動産鑑定士の転職先を探しているのであれば、中小企業の求人を中心に好ましい案件を探したほうがいいでしょう。

中小企業の求人をどのようにして見つけるかですが、まずは不動産鑑定協会のホームページに採用情報が掲載されています。こちらには大手の案件はもちろんのこと、地方・中小の不動産鑑定業者の求人情報も掲載されています。しかも正社員以外にも、パート・アルバイトの案件も結構出ているので、自分の希望する働き方にマッチする募集を見つけられるでしょう。こちらで募集されている情報を見て見ると、ある程度経験を積んだ中途採用者を対象にしたもの以外でも、試験に合格して未経験の方でも応募できるような案件も見られます。

不動産鑑定士の募集ですが、表立って求人を出しているケースはあまり多くないようです。ですからもし自宅の近くに不動産鑑定事務所があって、「ここでどうしても働きたい!」と思っているようであれば、直訴してみる価値はあります。不動産鑑定士で就職した方法の中には、事務所に直談判してその熱意をアピールしたという人も少なからず見られます。求人情報だけをチェックするのではなく、いろいろな方法を駆使してみることです。

大手の場合、スタッフが多く分業化が進んでいます。また大手が行っている業務は絞り込まれる傾向も見られ、不動産の証券化の業務を主力にしています。上場している投資法人が不動産投資をする場合、前もって不動産鑑定を受けることが義務付けられていて、この鑑定案件の持ち込まれることが多いのです。一方中小企業の場合、個人のクライアントの求めに応じて業務をする形になります。ローン借り入れのためや遺産相続で不動産を引き継いだ場合の税金のための鑑定など、様々な案件が飛び込んできます。幅広い経験が積めるという意味では、中小企業に就職したほうがいいでしょう。特に不動産鑑定士として将来独立を目指しているのであれば、中小企業で揉まれた方が将来生きてくるでしょう。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.