副業自由の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 副業自由の不動産鑑定士求人

副業自由の不動産鑑定士求人

本業を持っているけれども、それだけではなかなか思うように給料がもらえないという人はいませんか?できればプラスアルファの収入がほしいと思っているのであれば、副業を検討してみるといいでしょう。本業の空いている時間を使って、副収入を得る方法です。特に何か専門的な資格を持っていると、副業できる可能性は高いです。例えば不動産鑑定士などはかなり高い需要があります。本業の空いている時間を使って、アルバイトなどの雇用形態で入って仕事をしてみませんか?

不動産鑑定士で副業自由の案件を見てみると、企業別でみた場合大手よりは中小の案件のほうが多いです。大手の場合、不動産鑑定士の募集を出せば応募の多く集まる傾向が見られます。しかし中小の場合、慢性的な人材不足の状態が続いているところも少なくありません。人材を確保するためには、条件面で妥協している傾向が見られます。もし副業を希望するのであれば、本業に支障をきたさない範囲で仕事をしてくれればいいという案件も出てきやすいところがあります。ただし中小の場合、不動産鑑定士の数は少ないです。このため一人当たりの業務量が多くなりがちです。本業をこなしながら副業もできるかどうか、慎重に見極めたほうがいいでしょう。

副業自由の不動産鑑定士の求人を雇用形態別でみていくと、パートタイマーやアルバイトのような非正規雇用の案件が多いです。非正規雇用の場合、正社員と比較すると働き方の自由度が高いです。中には週5日・8時間のようなフルタイムではなく、自分の希望するシフトで業務を担当してもらう案件も見られます。週2〜3日程度や午前・午後だけのシフトで仕事のできる募集もありますし、原則残業なしで提示で帰宅できる求人も見られます。このような非正規雇用の案件であれば、本業を行いながら副業もこなしていける可能性は高いでしょう。

副業を行うにあたって注意しなければならないのは、本当に長期間両方の仕事を続けられるかどうかです。本業の空き時間を使って副業をこなす形になるでしょう。アルバイトなどの場合両方の仕事をバランスよくこなしていけるかもしれませんが、フルタイムの場合休日や仕事終わりの夜遅くの自由時間を使って仕事をすることになるはずです。そうなると、どうしても休息の時間が確保できません。本業の注意力が散漫になって、不動産鑑定で思わぬミスを犯すこともあり得ますので無理のない範囲でWワークをすることが大事です。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.