営業力が活きる不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 営業力が活きる不動産鑑定士求人

営業力が活きる不動産鑑定士求人

不動産鑑定士は医師や一級建築士などと同様に業務独占の国家資格で、資格がなければその業務を行うことが禁止されています。しかし不動産会社で宅地建物取引主任者の資格を持っている営業や、建築会社で建築士の資格を持っている営業はたくさんいます。流石に医師の資格を持っていて営業をしている話は耳にしませんが、不動産鑑定士の資格を持っていて営業をしている人はいます。もともと不動産会社や建築会社で営業をしていて、不動産鑑定士の資格を取得し営業で不動産鑑定士の資格を最大限に活用している方はいます。

例えば不動産投資ファンドや投資銀行や証券会社の営業職は基本給の割合が少なく、売り上げに応じた歩合給の割合が大きいので実力がある営業の給与は不動産鑑定士の給与をはるかに上回っています。特に外資系の場合は完全歩合制のところも多く外資系の投資銀行や、日系の証券会社の投資銀行部門では20代でも年収が3000万円を超えることも珍しくありません。不動産鑑定士の資格を最大限に活かして営業で稼げるのであれば、営業経験がある方にとっては不動産鑑定士として鑑定評価書を作成するよりずっといいと言えます。

投資家から資金を集めて都市型の商業店舗やビルやショッピングモールなどの商業施設を取得し、運営や管理を行っている外資系の不動産投資ファンドの営業職の年収は一般の営業職と比較すると桁違いです。外資系の不動産投資ファンドでもアメリカ系もありイギリス系などそのスタイルはさまざまですが、その多くは年金資産を運用している企業などから資金を集めて、マンションやオフィスビルなどを購入して資産価値を上げて市場で再び高く売る手法を取っています。

そのため不動産に関する行政の法律に精通している不動産鑑定士の知識や見識は、一般の営業職と比較にならないほど深くマンションやオフィスビルなどの売買に大きく役立ちます。もちろん外資系に限らず日系の不動産投資ファンドや不動産に特化したコンサルティング会社の営業職でも、完全歩合制のところであれば実力さえあればいくらでも稼げます。もし営業力が活きる不動産鑑定士の求人を探されている方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が営業力が活かせて成果に応じて、いくらでも稼げる不動産鑑定士の求人の紹介を行ってくれます

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.