公務員採用の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 公務員採用

公務員採用の不動産鑑定士求人

司法試験や公認会計士と並ぶ超難関な試験の一つとして知られている不動産鑑定士の活躍の場ですが、不動産鑑定事務所だけにとどまらず不動産会社や建設会社や不動産ファンドを行っている、銀行や証券会社などの金融機関など多岐に渡っています。また経済のグローバル化で日本の不動産鑑定士が、海外の不動産ビジネスに関わる機会も増ています。そのため不動産鑑定士の資格を取得して不動産鑑定事務所に勤めたり、自分で独立開業するだけでなく選択肢が広がっています。

一般的に不動産鑑定士は不動産鑑定事務所や企業に就職するか、将来は経営者として独立するか大きく2つに分かれています。しかし中には安定を求めて、公務員になる不動産鑑定士も存在します。実際に財務省や国土交通省には、不動産鑑定士の資格を取得した職員が多数います。公務員になるためには人事院等が実施している公務員試験に合格する必要がありますが、公務員試験にも国の行政機関の職員になるための国家公務員試験と、各地方の公共団体で実施されている地方公務員試験とあります。

公務員試験の特徴は世襲や縁故採用などを防ぐために、公平な基準により能力を判断する成績主義や能力主義が原則とされています。そのため公務員試験は国家公務員法や地方公務員法に基づき、学力試験と作文と面接試験によって合格者を選んでいます。さらに最近では地方公務員試験では学力試験だけでなく、人物を判断する面接試験を重視する傾向が見られます。学力試験も教養試験と専門試験とあり教養試験だけの場合と両方が実施される場合とあり、不動産鑑定士の採用の選考方法も行政機関の管轄によっても異なります

ただいずれの場合でも両方の試験が実施される時は、専門試験の方の配点が重視されるのが普通です。また不動産鑑定士試験と公務員試験では民法や経済原論など重複している科目も多く、特に国税調査官を目指すのであれば会計学など、不動産鑑定士の知識が役立つので非常に有利です。注意すべき点は公務員試験で出題される問題の範囲は、相当に広いため幅広い知識が求められることです。また作文では不動産鑑定士の論点から出題されるので、それに気を付ける必要があります。

もし公務員採用の不動産鑑定士求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が公務員の不動産鑑定士求人だけでなく、あなたのスキルや能力を活かせるような不動産鑑定士の求人の紹介も行ってくれます。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.