残業が少ない不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 残業が少ない不動産鑑定士求人

残業が少ない不動産鑑定士求人

安倍首相が推し進めている新たな成長戦略の一環として、残業代ゼロ法案とも呼ばれている「ホワイトカラー・ エグゼンプション」の適用を、年収が1千万円以上の人を対象にしていることが分かりました。この「ホワイトカラー・ エグゼンプション」は第1次安倍政権が誕生した時に導入が検討されましたが、当時は政権基盤がまだ弱く社民党の福島党首から残業代ゼロ法案と呼ばれ、マスコミもこの呼び名を使用したために安倍首相が改正労働基準法に盛り込むことを断念しました。

当初は大手企業の年収も800万円以上の課長クラスの管理職を対象に、法で定められている時間外労働の残業費を支払わないことや、休日出勤や深夜の残業費の割り増しなどは行わないことが盛り込まれていました。このホワイトカラー・ エグゼンプション」には週に40時間の上限の規制を外す狙いがあり、すでにトヨタや三菱重工業などでも導入を検討しています。甘利明経済再生担当相は記者会見で対象者は全労働者の3〜4%の割合を占めると述べていますが、経団連の榊原定征会長は少なくとも全労働者の10%程度は適用になる制度にすべきだと語っています。

この制度について厚生労働省は対象者を出来る限り少なくしたいと考えていますが、経済界としては課長クラスの管理職まで対象にすべきだというのが本音のようです。一方の労働者側はもし残業代がゼロになれば、長時間の労働を強いられると懸念しているのです。民間の議員でもある長谷川経済同友会代表幹事は対象者を将来の幹部候補や中核人材と主張していますが、厚生労働省はあくまで世界レベルの高度専門職に限るとの考えを崩していません。

できれば残業が少ない職場で働きたいと考える、不動産鑑定士の方にとっても気になる話です。企業で働く不動産鑑定士の平均年収が700〜800万円なので、もしこの法案が通過すれば不動産鑑定士も対象になる可能性があるからです。残業が多い職場で働いている不動産鑑定士にとっては、それで残業代がゼロになれば堪ったものではありません。もし残業が少ない不動産鑑定士求人を探している方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録して探してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの専任の担当者が残業が少ない不動産鑑定士の求人の紹介だけでなく、求人先の採用基準から社風まで教えてくれます。さらに応募書類の添削や面接の段取りから対策まで、全て無料で行ってくれるので気軽に登録してみるのもいいかもしれません。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.