転勤がない不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 転勤がない不動産鑑定士求人

転勤がない不動産鑑定士求人

大手不動産鑑定事務所が日本にはいくつかありますが、その求人を見てみると、年齢にこだわる傾向の見られることがわかります。経験の有無関係なく、20代の人材を求める傾向が強いです。なぜ若い人材を確保したいかと言えば、長期的なキャリア形成や教育で人材育成するなどいろいろな理由があるでしょう。その中でも無視できない理由として、「大手の場合転勤をしばしば求められるから」があります。大手不動産鑑定事務所の場合、日本全国に支社や支店を構えています。ですから転勤はある意味不可避と思ったほうがいいでしょう。

中にはかなり目まぐるしく転勤を求められるケースもあります。インターネットで実際に紹介されていた不動産鑑定士の体験談ですが、半年に1回程度のペースで転勤を余儀なくされたといいます。出身地に半年間勤務、その後東京や大阪など、いろいろな地域に転勤するように命じられたといいます。半年に1回のペースで引っ越しをするとなると、家族持ちの方は厳しいでしょう。その点、20代であれば体力もあるでしょうし、まだ独身・一人暮らしという人も多いので重宝する戦力になりうるのです。大手の業者に就職を希望する既婚者がいれば、転勤することになった場合引っ越しをどうするか家族としっかり話し合うことです。一緒についてくるか、単身赴任するかはあらかじめ夫婦間で意見を共有するべきです。子供がいて学校に通っているのであれば、どんどん転校する形になってしまいかねません。そうなると単身赴任、もしくは大手企業は転勤の候補から外さざるを得ないでしょう。

中小企業の場合、転勤の可能性は低いでしょう。そもそも複数の支店・支社を持っていることが少ないので、転勤のしようがありません。10人以下のスタッフで仕事をしている鑑定事務所であれば、転勤の可能性はゼロに近いと思っていいです。中堅どころの中には複数の営業所を抱えているところでは、異動の可能性が出てきますが、大手のように複数の地方にまたいで事業所を展開していることは少ないはずです。もしかすると別の支所・支社に行くことになっても、今の自宅から通えるケースも出てきます。

転勤は避けたいと思っているのであれば、規模の小さな事務所をターゲットにして求人情報を収集しましょう。「転勤なし」という条件を付けて検索に欠ければ、候補を一気に絞り込めます。転勤なしで情報収集してもヒットする案件はきっと見つかるはずです。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.