激務でない不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 激務でない不動産鑑定士求人

激務でない不動産鑑定士求人

不動産鑑定士は、年中忙しいという仕事ではありません。しかしこれも会社によって異なるようです。不動産鑑定士が繁忙期になるのは秋〜冬にかけてで、決算などで忙しくなるからです。毎日朝から終電まで働いているという人は少なくありません。しかし一方で春〜夏は快適で働きやすいといわれています。特に暖かい季節は現場調査しやすいというメリットがあります。そういったことから、不動産鑑定士の仕事は年中忙しいわけではないと思っている方も多いでしょう。その代わり、高給なところも多く、場所によってさまざまです。では、激務でない不動産鑑定士求人は存在するのでしょうか?

結論からいいますと、あります。この場合、求人にもきちんと記載していますが、万が一記載がない場合は、どれくらいの勤務時間なのか、残業は多いのか詳しく調べておきましょう。また、『激務でない』と感じるのも個人差があります。たとえば、どんなに勤務時間が長くても、休みやすいところであれば激務と感じないかもしれませんし、残業が一切ないところであればやはり『激務でない』と感じるでしょう。さらには、『終電に間に合えば激務と感じない』という方もいます。ですから、求人で好条件のところを見つけても、どの程度の忙しさなのかきちんと調べておくことが大切です。可能であれば、直接会社に電話して聞いてみるのも良いでしょう。面接のときに聞いてみるのもオススメです。

ちなみに、不動産鑑定士は『専門業務型裁量労働制』が導入された職業です。専門業務型裁量労働制とは、労働基準法第38条に基づいており、何時間会社にいても残業代の支払いが不要になるという制度です。そのため、会社側は具体的な労働時間の指示が不可能になります。不動産鑑定士が激務であることが多いのはそのためです。必ずしもすべての会社がそうとは限りませんが、『残業が少ない』ところがあっても、確実に激務でないところは少ないと考えておいたほうが安心でしょう。また、残業代が支払われないといっても、一切支払われないわけではありません。たとえば10時間の労働時間だった場合、1日2時間分の残業代がつきます。また深夜労働や休日労働などはしっかり手当がつきますので安心してください。

激務でない不動産鑑定士の求人も存在しますが、一般的に激務のところが多いと念頭に置きながら、求人を探すと良いでしょう。また求人内容だけで判断するのではなく、実際にどんな会社なのか細かく下調べしておくと安心です。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.