海外に関われる不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 海外に関われる不動産鑑定士求人

海外に関われる不動産鑑定士求人

日本の多くの企業が類を見ないスピードで進む少子高齢化で、国内の市場が縮小を続ける中で海外進出を盛んに行っています。これまでは製造業を中心に投資額も少なく人件費も安い、アジアなどの新興国へ新たな工場を建設するパターンが多かったのですが、最近では大きな変化が見られます。経済発展が著しい新興国の市場を求めて、海外へ進出する企業が増加しているのです。またその逆のパターンとして日本の市場に魅力を感じて、日本に進出する海外の企業も増ています。

日本の田舎の精密機械メーカーがアメリカや、ヨーロッパの企業に買収されることも当たり前の時代です。製造業に限らず経済のグローバル化に伴いホテルやオフィスビルなど、商業施設を海外企業が買収することも珍しくありません。また不動産ビジネスもグローバル化が急速に進んでいて大手の不動産鑑定会社や、不動産に特化したコンサルタント会社には海外チームがあります。近年ではアメリカやヨーロッパの企業や海外投資家から、日本国内の不動産の鑑定依頼が相次いでいます。

これまでは日本には不動産鑑定評価基準がありましたが近年では海外の企業や、投資家との日本国内の不動産に関する契約書は国際評価基準で行うことが多くなっています。国際評価基準とは英語で「International Valuation Standards」のことでIVSと呼ばれていて、英語での翻訳や海外の企業や投資家とのやり取りなど不動産鑑定士が海外に関われる仕事です。語学力が得意な方や、グローバルなビジネスに関わっていきたいと考える方には最適な仕事かもしれません。

また日本国内の不動産鑑定会社や不動産ファンドを行っている銀行や証券会社も、海外のホテルや商業ビルなどを調査して買収に積極的に動いています。その場合でも不動産鑑定士が海外のホテルや商業ビルなどを現地で視察して、現地の不動産鑑定士が作成した鑑定書を元に購入を決めていきます。今後も海外での不動産鑑定士の、役割の重要性は高まる一方です。もし海外に関われる不動産鑑定士求人に興味がある方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

海外の事情にも精通した転職エージェントの担当者が英語など、得意な語学力を活かせるような不動産鑑定士の求人の紹介を行ってくれます。さらに求人先の業務内容や社風や採用基準まで、あなたが知りたいと思っている情報も教えてくれます。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.