英語力が活きる不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 英語力が活きる不動産鑑定士求人

英語力が活きる不動産鑑定士求人

ひと口に不動産鑑定士の求人といってもさまざまです。大きく分けると、鑑定評価業務とコンサルティング業務に分けられ、英語力が活きる不動産鑑定士求人も存在します。一見、英語力と不動産は共通点がなさそうですが、グローバル事業に進出している大手不動産が増えていることから、最近では語学力を必要とする不動産鑑定士の仕事も少なくないでしょう。なかには、TOEIC800点が新卒採用基準となっているところもあります。それくらい、今や英語力が求められる仕事です。求人を見ていても、ひと昔前より『英語力が活きる』『英検○級以上』『TOEIC○点』と記載しているところが増えました。

なかには、英語力以外の語学力が必要になる不動産鑑定士もあります。三井不動産は、中国などのアジア圏への進出を果たしていますから、英語だけでなく中国語ができることも重要視されます。また、語学力があると、不動産鑑定士だけでなくさまざまなシーンで役に立ちます。『語学力がある』というだけで採用されやすくなるのも事実ですし、今の時代英語をはじめ語学力を身につけているのは最大のメリットになるでしょう。

不動産鑑定士の求人で英語力が活きる求人では、どんなところが多いのでしょうか?まず挙げられるのが、先にも述べた『グローバル事業』の会社です。こういった会社はどんどん海外に進出していますから、当然英語力が問われます。求人でも、英検やTOEICなどの資格を必須としています。こういった求人は、必ず募集条件に記載していますので、チェックしてみましょう。記載のない会社でも、英語の資格を持っていると採用されやすくなります。

ちなみに、英語力を重視する不動産鑑定士の求人でも、会社によって『どのくらい英語ができるのか』は異なります。英検○級・TOEIC○点など、詳しく記載しているところはそれだけのレベルが必要になりますが、ただ『英語ができる人歓迎』というだけなら、最低限の英語が理解できれば採用されます。なかには、案件によって要求レベルが異なる会社もあります。たとえば、TOEIC600〜860以上などです。中級〜上級レベルですが、同じ会社でも案件によってどれだけの英語力が必要になるか違ってきますので、申し込む際は事前に聞いておくと安心です。

英語力が活きる不動産鑑定士の仕事は、なんといっても働きながら英語のスキルもアップすることでしょう。もちろん不動産鑑定士として身につくこともたくさんありますが、海外と関わる機会が増えるため、広い視野でさまざまなことを経験することができます。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.