50代の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 50代

50代の不動産鑑定士求人

50代の転職事情はテレビや新聞などマスコミでも、かなり厳しいことばかりが聞こえてきます。2012年に行われた選挙で自民党が勝利すると安部政権が推し進める経済政策「アベノミクス」効果で、それまでの企業を追い込んでいた円高から円安になり株価も上昇を続けています。大胆なリストラを行っていたパナソニックやソニーなども業績を大きく改善していますが、大手の家電メーカーでは相変わらず40代や50代の中高年のリストラの嵐が止みそうにありません。

家電メーカーを中心に追い出し部屋の存在がマスコミでも報じられましたが、今でも社員に自主的に会社を辞めてもらうための卑劣な手段がなくなる気配はありません。最近ではゲームメーカーのコナミやグリーやミクシィなどIT企業でも、人材強化センターやキャリア開発課と名称を変えた追い出し部屋の存在が噂されています。40代や50代の中高年の方々が味わってきた苦しみを、今度は若い世代が味わっているのです。その実態は実に卑劣で社員なのに会社の受付でゲストと記載されたプレートを付け、机やパソコンもない部屋で1日じゅう仕事探しをさせられるのです。

多くの50代の方々がリストラで会社を去っていったパナソニックやソニーには、厚生労働省が追い出し部屋の実態調査を行いましたが結局は違法行為は確認できませでした。50代の方々が会社を去って転職活動を行う場合には、ハローワークか転職エージェントで仕事を探すのが普通です。ただハローワークで50代の方々が応募できる求人は警備会社や、スーパーやコンビニでのアルバイトやタクシーの運転手ぐらいしかありません。応募書類の審査もないところも多く面接で即日に採用になることもありますが、大幅な年収ダウンや中にはブラック企業も存在しています。

一方の転職エージェントは大手企業やベンチャー企業が多く、応募書類の審査も厳しくなかなか通過しません。しかし不動産鑑定士や公認会計士や、弁護士などの資格を持っていれば事情は違ってきます。例え50代であっても書類審査を、何なく通過することも珍しくありません。特にリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントには、一般には公開されていない求人案件も多く、管理能力がある人材や新規事業の立ち上げメンバーを募集しています。

50代の方々の転職活動が厳しことに変わりはありませんがこれまでの経験と、不動産鑑定士の資格が転職活動に役立つことは間違いありません。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.