40代の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 40代

40代の不動産鑑定士求人

転職するなら35歳までと、よく以前から囁かれていました。しかし終身雇用制度や年功序列制度が崩壊し始めた日本では、35歳を過ぎた40代でも優秀な人材を求める企業が増えています。確かに昔のような35歳転職限界説は無くなってきていますが、40代の転職者に対して求人先の企業が求めているスキルや能力も格段と上がっています。昔であれば40代で転職するの人は、ヘッドハンティング以外はあまり考えられませんでした。大学を卒業して一流企業に就職すれば定年までその会社で働き、退職金と年金で安定した老後を過ごせたからです。

しかし世の中はそんな考えを持って働いてきた、40代のビジネスパーソンの人生プランを根底から覆しました。戦後の日本の高度成長を支えてきた独自の雇用制度も、グローバル化の波に晒された日本の多くの企業にとっては足かせでしかなくなってきたからです。日本の企業は安い労働力と技術で世界を相手に競争力を高めてきたのですが、今度は終身雇用制度や年功序列制度のせいで韓国や中国など、新興国との価格競争に破れるという皮肉な結果となりました。

そのため多くの企業では生き残りを賭けてコストパフォーマンスが悪いと言われている、40代や50代の社員のリストラを敢行したのです。40代のビジネスパーソンにとっては定年まで会社で働き、年金暮らしを夢見ていたのが世の中はそんな考えを許そうとしていません。20代や30代と同じようなスキルや能力を持っている40代は容赦なくリストラされ、転職活動を行っても応募書類もなかなか通過しない現実に愕然として方も多いはずです。

その点では平均年収が700〜800万円と言われている、40代の不動産鑑定士の転職活動は恵まれています。平均年収が900万円以上の公認会計士や弁護士や税理士など、企業で働く他の資格取得者と比べると少し劣りますが、それでも他の40代のビジネスパーソンの中では恵まれている方です。特に政府の経済政策の効果もあり景気が回復傾向の、今の時期は40代の不動産鑑定士にとっても転職する好機です。このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントにも、40代の優秀な人材を求める企業の不動産鑑定士求人が増えています。

これらの転職エージェントにはサイトには掲載されていない非公開の不動産鑑定士の求人案件も多く、もし40代の方で転職を考えているのであれば転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者があなたが希望するような、不動産鑑定士の求人の紹介を行ってくれます。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.