30代の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士求人TOP >> 条件別 >> 30代

30代の不動産鑑定士求人

不動産鑑定士は土地や建物などの、不動産の価値の鑑定を行う専門家です。不動産鑑定士でない者がこれらの業務を行うことは法律で禁じられていて、国土交通省が認定した独占業務でもあります。不動産鑑定士の業務もこれらの不動産の鑑定業務と、コンサルティング業務に大きく分類することができます。全国にある不動産鑑定事務所には国から地価公示や各都道府県の地価鑑定の依頼や、相続税や固定資産税の標準地の評価などのさまざまな仕事の依頼があります。この他にも裁判所から不動産の鑑定依頼や、官公庁から公共用地の買収を行う際の不動産の評価の依頼などもあります。

不動産鑑定士が行うコンサルティング業務とは土地や建物など、不動産の有効活用の方法やアドバイスを企業や個人に対して行います。これらの業務は主に不動産鑑定事務所で行う範囲ですが他にも不動産鑑定士の活躍の場は、不動産業界や建築業界や信託銀行や証券会社など金融機関が挙げられます。さらに不動産に特化したコンサルティング会社や、外資系で働いている不動産鑑定士も多数います。超難関な国家資格で知られる不動産鑑定士試験に、合格した2013年の平均年齢は38.2歳でした。

不動産鑑定士の受験者は社会人が殆どで、20代の後半から40代の前半の受験者が多いことが特徴です。その中でも30代の合格率は30%を超えていていかに30代の世代が、難関な不動産鑑定士の資格取得に力を注いでいるかがよく分かります。資格を持っていると転職する時に有利なのか、前から議論されていますが実際にはどうなのでしょうか。それでもただ闇雲に資格を取得ればよいのではなく、取得に掛かる費用や難易度や転職後の想定される年収などを考慮する必要があります。

30代での転職も30代前半と30代後半では、明らかに企業が求めているものが違います。30代で不動産鑑定士の試験に合格しても30代後半での転職であれば、管理職としての資質や能力が求められるのが普通です。これは30代前半とは違って30代後半であれば社内の大事なプロジェクトを任されたり、チームのリーダーとして部下をマネジメントする必要があるからです。求めてられている資質や能力も高いのは間違いありませんが、それだけやりがいや達成感があるのも事実です。

もし30代の不動産鑑定士の方で転職を真剣に検討されているのであれば、このサイトに掲載されているリクルートエージェントやマイナビエージェントなどの、転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が30代のあなたが活躍できるような、不動産鑑定士の求人の紹介だけでなく採用基準なども教えてくれます。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.