不動産鑑定士の面接対策

不動産鑑定士求人TOP >> 不動産鑑定士転職の基礎 >> 不動産鑑定士の面接対策

不動産鑑定士の面接対策

不動産鑑定士の資格を活かして就職活動を行う場合、他の職種同様に採用試験を受けることになります。採用試験で欠かせない面接試験も、不動産鑑定士になっても受ける必要はあるでしょう。不動産鑑定士が面接試験を受ける場合、自分が仕事をするのにふさわしい人材であることをアピールできるかどうかが重要です。不動産鑑定士の仕事をするにあたって、いくつか必要な条件があります。以下で紹介する条件を意識して、面接試験でどのようなことをアピールするか検討しましょう。

まずはコミュニケーションスキルに長けていることです。不動産鑑定士はクライアントから仕事の依頼を受けて業務をこなしていくので、お客さん商売です。そうなると、お客さんとのコミュニケーションがスムーズにいけるかどうかはかなり重要なポイントになりえます。お客さんの意向を聞いたり、どのように手続きを進めていくのかなどの説明を求められたりすることも多いです。お客さんが納得できるように、わかりやすく丁寧に説明できるかどうかは大変重要なポイントです。不動産鑑定士の中には独立して仕事をしている人も多く、将来自分の事務所を構えたいと思っている人もいるでしょう。その場合でも仕事をとってくるためには営業力、ひいてはコミュニケーション能力が要求されます。

不動産鑑定士の仕事には、文書作成などパソコンを使った作業が多く含まれます。ですから面接試験で、パソコンスキルにたけていることもアピールするとポイントが高くなります。特に不動産鑑定士として経験のあまりない人の場合、最初のころは他の人のサポートに回ることも十分考えられます。すると文書作成などパソコン作業がかなり占める可能性は高いです。ワードやエクセル、パワーポイントについて操作できるくらいのスキルがあれば、面接試験の際にアピールしておいて損はありません。

あと「御社が第一希望です」ということをアピールすることも大事です。不動産鑑定士を募集している事務所では、皆さんが複数のところに応募していて天秤にかけていることは感じています。もしせっかく内定を出しても断られると困りますから、そのような恐れが少しでもあると面接試験の話の中で感じ取れば、その時点で採用候補から外されてしまうでしょう。ですから「内定が出たら絶対に入ります」ということをアピールすることが大事です。もちろん絶対に入るかどうか、他の内定状況を見て判断しようと思っている人もいるでしょう。しかしそのことはおくびにも出さずに「絶対入る」ことをアピールすることが重要です。嘘も方便という言葉を思い出しましょう。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.