不動産鑑定士の繁忙期

不動産鑑定士求人TOP >> 不動産鑑定士転職の基礎 >> 不動産鑑定士の繁忙期

不動産鑑定士の繁忙期

不動産鑑定士の繁忙期はいつでしょうか?不動産鑑定士も、年中忙しく動き回っているというわけではありません。もちろん暇な日はありませんが、『1年を通してもっとも忙しい時期』といわれているのが秋〜冬にかけてです。この時期は、不動産鑑定士にとって繁忙期になるシーズンといわれており、公的評価や決算評価などが集中し、いつもより忙しくなります。なかでも地価公示の評価は、クリスマスから年末年始にかけて多忙になるため、大晦日や元旦もゆっくりできないという方が少なくないといいます。そのため、世間が有意義な年末年始を送っている一方で、不動産鑑定士は忙しく動き回っていることが多いでしょう。

不動産鑑定士にとって、『お正月』といわれるシーズンは4月になります。この時期は公的評価も完全に落ち着き、大晦日から年末年始にかけての疲れを癒すことができます。

繁忙期は、基本的にどの不動産鑑定士も同じです。多少時期が異なる場合がありますが、ほとんどの不動産鑑定士は秋〜冬にかけて忙しく、休みなく働いている方が多いといいます。それは、先にも述べたように、その時期にやらなければいけないことが山積みになるからです。それ以外の季節は比較的ゆっくりすることができるため、年中繁忙期というわけではありません。

また、業種によって忙しいと感じる時期とそうでない時期がことある場合があります。そのため、3月頃まで忙しいというところもあります。また、都市部と地方では繁忙期がずれるのでは?と思っている方も少なくないといいますが、どこに住んでいても大幅に忙しい時期がずれるということはありません。最初にも述べたように、秋〜冬にかけて繁忙期になり、その期間は春までのところもあれば5月くらいまで続くところもあるというわけです。そこは業種や地域によって異なるでしょう。

不動産鑑定士の主な仕事内容は不動産の鑑定評価になります。現場調査も多く、いろんなところに出向いて調査し、不動産の価値を算出します。一般的な不動産関係の仕事とは異なり、不動産の利用価値を前提に金額を出すことがメインになります。不動産の鑑定評価というと不動産の査定士と似ていますが、『どれくらいで売れるのか?』というのが査定士の主な仕事になりますので、同じ不動産の仕事でも仕事内容は似て非なるものです。他にも、不動産鑑定士は信託やコンサルティング、デューデリジェンス(不動産の投資判断材料の作成)なども行います。なかには、鉄道会社の用地管理部署などもあり、仕事内容は幅広いでしょう。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2018 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.