不動産鑑定士の求人倍率

不動産鑑定士求人TOP >> 不動産鑑定士転職の基礎 >> 不動産鑑定士の求人倍率

不動産鑑定士の求人倍率

厚生労働省が2014年5月2日に発表した2014年3月の、有効求人倍率は前月と比べると0.02ポイント上昇し1.07倍でした。日本国内の有効求人倍率は16ヶ月連続で上昇していて、6年9カ月ぶりに2007年6月の有効求人倍率と並ぶ高水準となりました。一方で総務省が発表した労働力調査では、同年3月の完全失業率は前月と比べると同じ3.6%で推移しています。菅官房長官も同日に行われた記者会見で、国内の雇用情勢は着実に改善されつつあるとの見識を示しました。

有効求人倍率とは求職者1人に企業から何社の求人があるかを示す数値で、有効とはハローワークでの求人や求職の申し込みは有効期限が通常2ヶ月なのでその期間中の求人倍率のことです。有効求人倍率の他にも公共職業安定所に申し込みがあった新規求人数を新規求職者数で割った新規求人倍率や、ハローワークや中学校や高校で取り扱った求職や求人情報を元に作成された中学生や高校生の求人倍率も存在します。この他にもリクルートワークス研究所が各大学の卒業生の求人総数と、民間の企業への就職希望者数で割った大学生の求人倍率もあります。

求人倍率は完全失業率と並んで景気の動向を判断する上で重要な指標の一つで、求人倍率が高ければそれだけ景気が回復している証拠です。しかしその一方で大手牛丼チェーンの「すき家」では、人手不足のために2014年2月から4月の間に最大で123店舗が一時休業や時間帯休業に追い込まれました。さらに124店舗では深夜営業や早朝営業を休止しTwitterに、本日人員不足のため閉店という貼り紙が貼られた、すき家の写真が投稿され話題になりました。

不動産鑑定士の求人倍率ですが景気回復の兆しを受けて、2013年と2014年と確実に上昇しています。首都圏などの大都市部と地方都市ではかなりの格差がありますが、不動産鑑定事務所だけでなくゼネコンや大手の建築会社でも不動産鑑定士の求人を積極的に行っています。さらに企業の株価が上昇し業績が大きく伸びた銀行や証券会社でも、新たな不動産の証券化のために不動産鑑定士を募集しています。

今のこの時期は不動産鑑定士にとっても転職の好機でこのサイトに掲載されているリクルートエージェントや、マイナビエージェントなどの転職エージェントにも不動産鑑定士の求人が目立っています。もし転職を検討されているのであれば、これらの転職エージェントに気軽に登録してみてはいかがでしょうか。転職エージェントの担当者が希望されるような、不動産鑑定士の求人の紹介を行ってくれます。

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.