不動産鑑定士の採用基準

不動産鑑定士求人TOP >> 不動産鑑定士転職の基礎 >> 不動産鑑定士の採用基準

不動産鑑定士の採用基準

新卒採用とキャリアがある中途採用では、採用基準も当然のことですが違ってきます。新卒採用の場合は出身大学だけでなく学生の人物評価も採用基準の一つだとも言われていますが、実際には学歴フィルターと呼ばれる出身大学とその偏差値で足きりを行っている企業もあります。さらに最近では三菱商事などの大手企業の中には2015年度の新卒採用からは、これまでのエントリーシートの提出だけでなく学業の成績表も求める方針です。これを受けて各大学での学業の成績を比較して、評価することができる民間のサービスも登場しています。

新卒採用の場合は中途採用とは違って社会人としての仕事のキャリアがないので、学歴で評価されることは仕方がないことです。もちろん高学歴の学生が採用されても、社会人として活躍できるかどうかは別問題です。有名大学の出身でない学生の方が、入社後に会社で活躍することも珍しくありません。ただそれでも有名大学の学生の方が偏差値が高く仕事に対する適応能力や、理解能力が高いという認識を企業側が持っていることは事実です。いずれにしても新卒一括採用の雇用制度の日本では、就職活動は人生の一大イベントであることに間違いありません。

新卒採用に対して中途採用では、学歴が採用基準になることはあまりありません。これは中途採用の場合はそれまでの仕事のスキルや経験が採用基準になるからで、中には応募条件に学歴不問と記載している大手企業もあります。どんな高学歴の応募者よりも社会人としての仕事のキャリアや、実績がある人材を企業が採用したいと考えるのも当然です。中途採用では学歴だけでなく資格も書類選考の一つであることが多く、不動産鑑定士の資格取得が応募条件になることはあっても、必ずしも採用基準にはなるとは言い切れません

書類選考を通過しても最終的には面接で、前職の仕事のスキルや経験が採用の基準として判断されます。さらに他に社員との協調性や、人物評価も採用基準の大きな要素になります。学生にとって就職活動が人生の一大イベントであるように、転職者にとっても転職活動はその後の人生を決める一大イベントです。そのためにも応募先の採用基準を、事前に把握することは大事なことです。不動産鑑定士の採用基準について詳しく知りたい方はこのサイトに掲載されている、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントの担当者が不動産鑑定士の採用基準についてだけでなく、希望するような求人情報の紹介も行ってくれます

不動産鑑定士の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 詳細



TOP

不動産鑑定士転職の基礎

条件別の不動産鑑定士求人

勤務先別の不動産鑑定士求人

人気エリアの不動産鑑定士求人


Copyright (C) 2015-2017 不動産鑑定士求人ランキング All Rights Reserved.